単独展示場

住宅展示場の中でも、数社または数十社で同じ敷地内にモデルハウスを建てて展示しているものを総合展示場、一社が独自で運営しているものを単独展示場と言います。単独展示場は建物1軒の場合もあれば、2,3軒建てられている場合もあります。単独展示場で複数の建物が建てられている場合は「洋風」「和風」などタイプの違うものである場合が多いようです。
総合展示場でも、平日に休みを設定しているところが多く、単独展示場ともなると平日は火・水曜が休みなど2日以上の休みがあるところもあります。また、定休日ではなくても社員が常駐していない場合もあるようです。最近では、最終的には分譲する予定の「街中展示場」も多いそうです。
単独展示場を見学する場合には、事前にそのハウスメーカーに連絡を入れておくと確実です。連絡をすることで休日でも相談に応じて見学させてくれるところもあるでしょう。他のお客が総合展示場より少ない場合が多いため、営業マンが付きっきりになる可能性は高いと言えるかもしれません。既に土地を購入し、そのハウスメーカーで建てることが決まっている人が、内装などを考えるために訪れたりもするようです。
また「街中展示場」の中には、そのモデルハウスで料理教室や収納アドバイザーの教室を行うことで、自然に内装を見てもらうというイベントを行うところもあるようです。
一回でなく継続して来場してもらうことにより、ハウスメーカーのファンになってもらったり、新しい技術などを目にしてもらえるというメリットがあるようです。

http://www.mhall-s-co.jp/

投稿日:2016.05.30