工業都市として栄える平塚市

平塚市は、神奈川県のほぼ中央にあり、相模川右岸に位置し、南は相模湾に面しています。相模川から金目川までの間は市域北端部まで平野となっており、南部には市街地が広がっています。金目川より西側は大磯丘陵の一部となる丘陵地帯であり、緑も多い場所です。平塚市の工業の歴史は古く、明治38年に旧海軍火薬廠が設置されたのが近代工業のはじまりです。
大正時代には、食料品・紡績・化学の各工業が立地しました。 昭和に入ってからは、海軍火薬廠の拡張や旧日本国際航空工業などの軍需工場が建設され、第二次大戦中は一大軍需工業都市となり大規模な空襲を受けました。 戦後は、戦災復興都市の指定を受け、昭和30年代以降広大な旧海軍工廠跡地、東部の相模川沿岸の土地改良による工場用地の供給など、豊富な工業用地をバックボーンにして積極的な企業誘致を行った結果、化学工業・金属製品製造業・一般機械器具・電気機械器具・輸送用機械器具などの工場が次々と立地しました。
平塚市は、これによって重化学工業中心へと急速に変化し、特に自動車関連の工業都市として急速に発展してきました。昔の頑張りがあり、今の工業都市を栄えさせる場所になったというわけです。工業団地としては、昭和38年に造成した馬入工業団地を始め、昭和40年代から昭和60年代の間に大神工業団地、東工業団地、東八幡工業団地を造成しました。
また、平成に入ると東豊田工業団地を造成し、住工混在の解消を図ってきました。さらに、企業立地に係る誘引策として、平成17年度から県の「インベスト神奈川」とも連携し、既存企業の流出防止と新たな雇用の創出を図るため、「平塚市工業活性化促進方策」をスタートさせ、工業の活性化を図りました。