伊勢原市の観光スポット

伊勢原市の定番スポットは2つあります。まず、あやめの里です。金目川の支流・歌川のほとりにあり、8000平方mの敷地に花菖蒲約1万2千株が植栽されています。5月下旬〜6月下旬には「あやめまつり」を開催しています。花菖蒲の育て方教室のほか、地元野菜の販売や花菖蒲の即売コーナーも設けられています。
花菖蒲の見ごろは6月中旬あたりです。もう一つが、三之宮比々多神社です。延喜式内社相模13社の1つに数えられ、平安初期には冠大明神の神号を授かりました。主神は豊斟野尊で、大地創造を司ります。そして酒造の神も祀る。県の重要文化財で平安初期の作といわれる須恵器のうずら瓶などを所蔵しています。境内に併設されている三之宮郷土博物館には2000点の収蔵品が収められている。博物館の料金は200円で朝から夕方までの開演です。
観光牧場・農園の川島いちご園という所があります。有機肥料を使って育てられた大粒のイチゴが食べられる場所です。品種は、紅ほっぺ、さちのか、おいしいベリー、ももいちごなどです。地面から45cmの高さに実があるので大人も子どもも摘み取りやすいです。
また、直販所にて自家のとれたて野菜が100円からあり、新米コシヒカリも5kg1750円代から販売されているようです。高設ハウスもあります。時期によって料金が違うようなので気になる方は是非お問い合わせしてみて下さい。他にもたくさんの観光スポットがあるので伊勢原市にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。